胸郭出口症候群とは

※キーワードを意識したこの記事のタイトル※

胸郭出口症候群(Thoracic Outlet Syndrome, TOS)は、首と肩の間の領域である胸郭出口(thoracic outlet)で神経や血管が圧迫されることによって引き起こされる症状の総称です。この症候群は、腕や手に痛み、しびれ、力の入らない感じなどの症状を引き起こすことがあります。この記事では、胸郭出口症候群の原因、症状、診断方法、治療方法、予防策について詳しく説明します。


胸郭出口症候群の原因
胸郭出口症候群の原因はさまざまですが、主に以下のようなものがあります。

【1】解剖学的異常:先天的に第1肋骨や鎖骨の形状が異常な場合、神経や血管が圧迫されやすくなります。肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん))といいます。

【2】筋肉の緊張や肥大:肩や首の筋肉が緊張したり、過度に発達したりすると、神経や血管が圧迫されることがあります。特に斜角筋や小胸筋が原因となることが多いです。小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)、斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)と言います。

【3】外傷:交通事故やスポーツによるケガで、首や肩周りの組織が損傷すると、後に胸郭出口症候群を引き起こすことがあります。

【4】反復動作:長時間のパソコン作業や、同じ姿勢を保つことで筋肉や関節が硬直し、圧迫が生じることがあります。

胸郭出口症候群の検査
胸郭出口症候群の主な検査。

【1】アドソンテスト:頭を症状のある方向へ回すと、手首のところで脈を触れにくくなります。

【2】ライトテスト:肩、肘を直角にすると手首のところで脈を触れにくくなります。

【3】アレンテスト:肩を挙げた状態で首を反対側へ回すと手首のところで脈を触れにくくなります。

胸郭出口症候群の症状
胸郭出口症候群の症状は、圧迫される神経や血管の種類によって異なりますが、主な症状には以下のようなものがあります。

【1】腕や手のしびれ:特に小指や薬指にしびれが生じることが多いです。

【2】腕や肩の痛み:肩から腕にかけて鋭い痛みや鈍い痛みを感じることがあります。

【3】筋力低下:腕や手の筋力が低下し、物を持つのが難しくなることがあります。

【4】冷感や変色:血管が圧迫されると、手や指が冷たくなったり、青白くなったりすることがあります。

【5】腫れ:まれに、腕や手が腫れることがあります。

治療方法
胸郭出口症候群の治療は、症状の軽減や原因の除去を目的として行われます。主な治療方法には以下のようなものがあります。

【1】保存療法:まずは保存療法が試みられます。これには、痛みや炎症を抑えるためのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の服用、理学療法、姿勢矯正、ストレッチや筋力強化の運動が含まれます。

【2】理学療法:理学療法士によるリハビリテーションが行われ、筋肉の緊張をほぐし、関節の動きを改善するための運動が指導されます。特に肩や首の筋肉をリラックスさせることが重要です。

【3】姿勢改善:正しい姿勢を保つことで、神経や血管への圧迫を軽減することができます。デスクワークやスマートフォンの使用時には、姿勢に気をつけることが大切です。

【4】生活習慣の見直し:長時間同じ姿勢でいることを避け、定期的にストレッチや体を動かすことが推奨されます。また、重い荷物を持つ際には、両肩に均等に負担をかけるよう心がけます。

【5】手術:保存療法が効果を示さない場合や症状が重篤な場合には、手術が検討されます。手術では、圧迫を引き起こしている骨や筋肉を除去することで、神経や血管の圧迫を解消します。

【6】当院で行う整体施術:立ち方、歩き方、座り方などをチェック。何が原因で症状が出ているのかをしっかりと見極めて施術していきます。完治目指して施術していきます。

防策
胸郭出口症候群を予防するためには、以下のような対策が有効です。

【1】適度な運動:肩や首の筋肉を柔軟に保つために、定期的にストレッチや軽い運動を行うことが大切です。

【2】正しい姿勢:デスクワークやスマートフォンの使用時には、正しい姿勢を保ち、肩や首に過度な負担をかけないようにします。

【3】適切な作業環境:作業環境を見直し、デスクや椅子の高さを調整することで、肩や首の負担を軽減します。また、長時間同じ姿勢を保たないように、定期的に休憩を取ることが推奨されます。

【4】重い荷物の持ち方:重い荷物を持つ際には、肩に均等に負担をかけるようにし、できるだけ両肩に分散させることが重要です。

まとめ
胸郭出口症候群は、日常生活に大きな影響を与えることがありますが、早期の診断と適切な治療によって症状の改善が期待できます。症状が現れた場合は、早めに医師の診断を受け、適切な治療を開始することが重要です。また、日常生活においては、正しい姿勢や適度な運動を心がけ、肩や首に負担をかけないようにすることで、胸郭出口症候群を予防することができます。健康な生活を送るために、これらの予防策を実践し、胸郭出口症候群のリスクを低減させましょう。   


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 【月・木】13:00~21:00
【火・金・土】9:00~21:00

Access


M.A.K.鍼灸整骨院

住所

〒211-0042

神奈川県川崎市中原区下新城3丁目15-8

Google MAPで確認
電話番号

044-752-0013

044-752-0013

営業時間

【月・木】13:00~21:00

【火・金・土】9:00~21:00

定休日

水・日・祝

代表者名 増田 一三
備考 駐車場あり
最寄りの施設

武蔵新城駅・武蔵中原駅から徒歩12分

岩川バス停徒歩2分

ホームページ

https://mak-kawasaki.com/

https://mak-s.com/

https://peraichi.com/landing_pages/view/e3yg7

全身の歪みを調整しながら痛みを緩和させる超早期回復コース、膝や腰といったピンポイントの施術を行う早期回復コース、お肌やお顔のお悩みに応える美容コースなど、多彩な施術を完全予約制でご提供いたします。川崎市の中原街道沿いにあり、東京都内や横浜方面からも気軽にご来院いただけます。

特徴

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

Contact

お問い合わせ

Instagram

インスタグラム